和田畳店ホームページ

江戸的京間


京間(関西間)

京間の基準【一間】は6尺3寸です

柱と柱の間の寸法は6尺3寸で、統一されてます

江戸間(関東間)

関東間は、徳川家康が江戸の町割りの時に一間を6尺とし

さらに、屋敷を建てるときに 柱と柱の間を6尺とはせず

柱の中心から柱の中心の長さを、6尺と決めた寸法です

畳の大きさは柱によって寸法がバラバラですが

4寸の柱を使う事が多く

5尺8寸が江戸間の基準です

京間は、どの部屋も基本2:1です

右の図でわかるように

江戸間の場合は長方形の部屋では

基本的に2:1には成りません

12尺から4寸引くのと

9尺からも4寸引いてしまうからです

どうしても1寸足りなくなります

正方形のお部屋(4.5帖や8帖)は2:1になります

現在は柱を見せる和室が少なくなってきてます

和室も大壁クロスのが多くなってきております

柱の上に耐火ボードを張り そこに寄席回りをつける

江戸間実際に5尺8寸ではなく 5尺7寸5分前後が主流と

なってきてますね

団地サイズ

基本は江戸間と同じ柱割りなんです

右図と同じ原理で 柱が鉄筋コンクリート造りですから

どうしても柱が8寸近くになってしまいます

6尺より4寸引いて5尺6寸になっていました

団地サイズをわざわざ作ったわけではありません



中京間をはじめとする各地でのサイズについては

調査中です