和田畳店 畳工事専門店

畳はいつから使われていたの


古事記によると神武天皇の御製(句)に出てきます

『阿斯波良能、志邪志岐夜邇、須賀多々美、

伊夜佐夜斯岐弖、和賀布多理泥斯』

『アシハラノ シケシキオヤニ スガタタミ 
         イヤサヤシキテ ワガフタリネシ』

今風に言えば

『葦原の中にある葦小屋に綺麗にした
多々美を敷いて二人で寝た』って

意味でしょうね(おネェ〜ちゃんとかな)

紀元前660年前のことです今から2675年前です

その時、畳(たたみ)は

多々美(たたみ)と書かれています

日本における畳の歴史は

日本と一緒に歩んできていますね



今のような畳になったのはいつからとなると、

記述には1175年に書かれた物に、

日本の住宅は板床で

寝具として、折薦畳2枚、蓆2枚とあります

萱や葦等の固い草で編んだものと思われます

貴族の住む寝殿造りも畳2枚ですからね

お金持ちは草を編んだものに布で縁取りをしたそうです

 

室町時代になり

建築様式も寝殿造りから書院造りへと変わり

次第に貴族・武家・寺院は茶室を作るようになります

京都慈照寺の東求堂堂仁斎は、

初期の茶室と言われており

茶室の床には畳が敷き詰められていたとされています

1486年今から529年前です

ここでやっと部屋に敷き詰める畳の形ができてきました

特定の部屋でのことです

住宅内では座るとこだけに畳を敷きそこに座る

寝るときには寝具の下に敷くなどです

室町時代末期になり庶民の家でも

藺草を編んだ蓆を使いだします

安土桃山時代になると住宅様式も

数寄屋造りができてきます

次第に畳を敷き詰める部屋も多くなってきて、

基準がなく 大きさがバラバラだった畳にも

統一性ができ、基準ができるようになります

1588年 今から427年前 住宅の畳割寸法です

丈6尺3寸、幅3尺1寸5分

これを基準に柱を立て、家を作ります


一般の家に畳の敷詰めが流行りだしたのは

元禄文化の頃とされています

武家・富裕層商人の家では、家中に畳の敷詰め住宅が

おおくなります

1690年頃 今から325年前 

庶民はまだまだ寝具の下に一枚敷く程度です

引っ越しの時には畳も持って引っ越ししてました

家に備え付けではありませんでした

その後、次第に敷詰めの住宅が多くなっていきます

徐々に畳の枚数は確実に増えていきます

畳が住宅全般に普及するのは明治維新後です

この時から畳屋さんの黄金期がはじまります

1972年(昭和47年)ごろの列島改造の政策で

(高度経済成長期)

住宅ブームやニュータウン計画などの高層住宅

この時期が畳業界のピークだったのかもね

そして平成になりフローリングに押され

衰退期となり、住宅って言えば畳の部屋から

住宅の中一分部が畳の部屋に変わりました

畳も、今、新たな形へと変化しております

今後は新しい畳の時代になると思います


畳とは、字の由来としては『かさねる』の意味で

古事記によれば

【皮】【?(あしぎぬ)】【藺草】【萱】【葦】

等を重ねて八重に敷いたものを呼んでいたそうです

文献によれば、

虎の皮8枚重ねたものも畳と呼んでいたそうです

畳は本来、一つの物ではなく、

敷物8枚重ね合わせた物だったのでしょうね

平安時代でも薄い茣蓙や蓆を

何枚か重ねて使てったとのことです

座るときに持ってきて敷くからだとされています

今の座布団と同じだったのかな

それが、住居の変化と共に寝室の固定化

居間での主人の座る場所の固定化により

動かすことがなくなったことにより

段々厚くなっていったと文献に記されてます


                       店主の調べた事より
古文書の絵より



藺草刈り取り色付けの図


献上表を織る図





御用表荷造りの図 



水加減と肥しの図







絵図は
   『備後国畳表藺農業之図 ・ 琉球藺作織法 ・
               近江国蒲生郡畳表図説』  より