和田畳店 畳工事専門店

和田の名字の由来



     

和田氏誕生

和田の名字が出来たのは1147年三浦半島を中
心に勢力を伸ばしていた
三浦義明の長男三浦義
の子義盛が相模の国三浦郡和田に住みついい
たことにより三浦より和田に改名したことより始ま
ります。もともと三浦氏は
桓武平氏一族であり
武平氏良文流
の流れを持つ世にいう坂東八平氏
の一員である
和田氏の活躍

源頼朝が平家討伐の旗を揚げたときより側近として活
躍し、鎌倉幕府が開かれたとき初代の関東武士と統
率する
侍所別当和田義盛が就任する
頼朝の死後北条氏ともに御家人による集団統治体制
を作る
和田氏の最後

和田氏は権力基盤を強固のものにするため1190
梶原景時を倒し幕府内の重臣としての地位を
固めていくが同じく
北条時政も勢力を伸ばしてく

1205年平賀朝雅の乱が起こり宿敵北条時政を幕
府の中心より追いやることに成功する。

しかし1213年2月泉親衝の乱がおき和田一族の
中に北条氏討伐のこの乱に参加したものがおり
領地が没収となる
1213年5月和田義盛は北条氏
の対して決起する
和田の乱でであるしかし同族の
三浦氏の裏切りで和田氏はほぼ壊滅する

しかし和田義盛の弟の孫和田実茂が幕府側につ
いていたため和田の家名は現在まで残る

その後全国に赴任させられる為広がっていたとさ
れる

 (関西に於ける和田姓は清和源氏の流れであり
ます)

おもに越後の国や戦国時代では上州高崎におい
て活躍している
高崎城は別名和田城とも言います
当家の和田は?
              
八王子市小宮町や石川町・日野市栄町に多くすんで
いる和田家は鎌倉時代に今の八王子市高月町にある
高月城に派遣されてきた武士が土地の豪族高月氏と
の関係で土着したものと思われます。

後に戦国時代に北条市の家臣として滝山城に赴任し
て来たものと合わさっているとされます

滝山城より八王子城に移り住んだことにより八王子市
恩方町にも和田家は多く住んでいます
家紋

当家の家紋です。この家紋は 三つ引き両 で
三浦家の家紋と同じです これは和田実茂三浦
家と近縁だからと考えられます関東越後の和田
家はこの家紋の種類を多く用いています

            



和田義盛が使用していた家紋です
    七曜星です
         
後の徳川幕府旗本和田氏の紋でもあります
高崎で活躍した和田氏の家紋
      三つ引両に檜扇です